【海外FX】AXIORYのスプレッド比較!本当に狭いのか検証してみた!

クロネコ

AXIORYは海外FX業者の中でもスプレッドが狭いと聞きましたが本当ですかね?
確かにAXIORYはスプレッドが狭いFX業者として有名ですね。
それでは他社とのスプレッド比較表を見ながら、その狭さを検証していきましょう。

先生

海外FX業者を選ぶとき「スプレッドの狭さを重視する」という方は多いと思います。

そんな方におすすめしたいのがAXIORYです。

AXIORYは非常にスプレッドが狭い海外FX業者として知られています。

そこで、この記事ではAXIORYと他社のスプレッド比較表を参考にしながら、その魅力についてご紹介していきます。

スプレッドが狭くスキャルピングトレードに適している海外FX業者を探している方は、ぜひこちらの内容を参考にしていってください。

AXIORYの口座開設はこちらから

AXIORYのスプレッド比較!ほかの海外FX業者と比べて本当に狭いのか?

AXIORYは日本人トレーダーも多く利用している海外FX業者のひとつです。

スプレッドが狭く、注文スピードが高速で約定拒否がないところが大きな特徴に挙げられます。

つまりちょっとした値動きを狙い、短期的な売買で稼ぐ「スキャルピングトレード」にはぴったりということです。

こうした理由もあり、AXIORYは世界中のトレーダーから利用されています。

そんなAXIORYには4つの口座タイプがありますので、その基本的なスペックを確認しておきましょう。

スタンダード口座 ナノスプレッド口座 テラ口座 アルファ口座
(株式取引専用)
レバレッジ 400倍 400倍 400倍 現物1:1
ロスカット水準 20% 20% 20%
スプレッド
(ドル円平均)
1.1pips~1.3pips 0.1pips~0.3pips 0.1pips~0.3pips 銘柄による
1ロット単位 10万通貨 10万通貨 10万通貨 1
最大注文量
(1ポジション)
1000ロット 1000ロット 1000ロット 100,000
最大保有量制限 なし なし なし あり
最小注文量 0.01ロット 0.01ロット 0.01ロット 1
取引手数料 なし 往復6ドル 往復6ドル 銘柄による
取引方式 STP ECN ECN
プラットフォーム MT4
cTrader
MT4
cTrader
MT5 MT5
期間限定ボーナス あり あり あり なし

アルファ口座というのは株式取引専用の口座タイプなので、この記事では説明を省かせてもらいます。

そのほかの口座タイプで言いますと、ナノスプレッド口座とテラ口座は取引条件が同じです。

MT4で利用するか、それともMT5で利用するかという違いしかありません。

また、スタンダード口座とナノスプレッド口座に関しても「スプレッドの幅」と「取引手数料の有無」くらいしか違いがないので分かりやすいかと思います。

AXIORYが用意する口座タイプの基本的なスペックが理解できたところで、さっそく本題であるスプレッド比較表を見ていきましょう。

AXIORYのスプレッド比較①口座タイプ別のスプレッド

まずはスタンダード口座とナノスプレッド口座(テラ口座)のスプレッド比較表をご覧ください。

通貨ペア スタンダード口座 ナノスプレッド・テラ口座
USD/JPY 1.1pips 0.2pips
EUR/JPY 1.6pips 0.3pips
GBP/JPY 1.9pips 0.9pips
AUD/JPY 1.9pips 0.6pips
NZD/JPY 1.8pips 0.5pips
EUR/USD 1.3pips 0.2pips

ここでは日本円絡みの通貨ペアと、世界でもっとも取引量の多いユーロドルのスプレッドを比べてみました。

「ナノスプレッド口座」は海外FX業界において低スプレッド口座と呼ばれるタイプです。

そのため、スタンダード口座に比べて狭いスプレッドを提供しています。

こうして見るとだいたい1.0pipsくらいの開きがあることが分かります。

ちなみに日本円絡みの通貨ペアで考えると、取引コストは「1.0pipsあたりおよそ1,000円」です。

つまり、スタンダード口座でドル円の注文を出したときは「マイナス1,100円(1.1pips)」からスタートするということになります。

そして注文を出した方向にレートが伸びれば1,100円分の損失(コスト)が少なくなっていき、1.1pips以上の値動きをマークすると利益が出るという仕組みです。

簡単に言えばスプレッドは「手数料」のような意味合いを持っていますので、当然スプレッドが狭ければ取引コストが安くなります。

そのため、多くのトレーダーは狭いスプレッドの口座タイプを探しているわけです。

・スプレッドの単位はpips

・1.0pipsは最小通貨単位と同じ額
・円絡みの通貨ペアの場合は「1.0pips=1銭」となる
・つまり「1.0pips=0.01円」となり、1ロット(10万通貨)の注文を出すときは「0.01円×10万通貨=1,000円」のコストが掛かる
・低スプレッド口座の場合はスプレッドが狭い代わりに別途取引手数料が掛かる

こちらがスプレッドの基本概念となります。

ご覧のように1.0pipsは0.01円なので、たとえば100.01円から100.02円に値上がりすると「1pips分の利益が出た」などと表現するわけです。

ちなみに低スプレッド口座の場合はスプレッドが狭い代わりに固定の取引手数料が掛かります。

AXIORYの取引手数料は6ドル相当です。(ナノスプレッド口座とテラ口座を使った場合)

日本円で考えるとだいたい600円くらいなので、上の表に記載されているスプレッドに「0.6pips」を足した数値が実質的な取引コストとなります。

こうしたことを踏まえた上で、他の海外FX業者とのスプレッド比較表を確認していきましょう。

クロネコ

スプレッドの考え方がよく分かった気がします!
なんでスプレッドが狭いFX業者を選ぶのか?という部分を知っておかないと稼げるようになりませんからね。
ぜひ参考にしてください。

先生

AXIORYのスプレッド比較②ほかの海外FX業者と比べてみた

続いてはAXIORYと他の海外FX業者のスプレッドを比較していきます。

スタンダード AXIORY TitanFX XM FBS
USD/JPY 1.1pips 1.33pips 1.6pips 2.0pips
EUR/JPY 1.6pips 1.74pips 2.1pips 3.0pips
GBP/JPY 1.9pips 2.45pips 3.2pips 4.0pips
EUR/USD 1.3pips 1.2pips 1.6pips 1.1pips

こちらはスタンダード口座同士のスプレッド比較表です。

ご覧のようにAXIORYのスプレッドは平均して狭いことが分かります。

なお、ドル円のスプレッドが1.1pipsというのは日本人トレーダーからすると非常に有利な点です。

特にFX初心者の方はドル円からFX取引を始めることが多いので、AXIORYはビギナー向けの海外FX業者と言えます。

次に低スプレッド口座同士のスプレッド比較表を見てみましょう。

低スプレッド AXIORY
(往復6ドル)
TitanFX
(往復7ドル)
XM
(往復10ドル)
FBS
(往復6ドル)
USD/JPY 0.2pips
(0.8pips)
0.33pips
(1.33pips)
0.1pips
(1.1pips)
0.3pips
(0.9pips)
EUR/JPY 0.3pips
(0.9pips)
0.74pips
(1.44pips)
0.4pips
(1.4pips)
0.5pips
(1.1pips)
GBP/JPY 0.9pips
(1.5pips)
1.45pips
(2.15pips)
1.2pips
(2.2pips)
1.1pips
(1.7pips)
EUR/USD 0.2pips
(0.8pips)
0.2pips
(0.9pips)
0.1pips
(1.1pips)
0.0pips
(0.6pips)

上段が平均スプレッド、下段が取引手数料込みの実質的な取引コストです。

こちらもほぼすべての通貨ペアにおいてAXIORYがもっとも狭いスプレッドを記録しています。

ちなみにこうして比較してみると、AXIORYは取引手数料が安いことも分かるはずです。

なお、FBSの低スプレッド口座はユーロドルのスプレッドにおいてAXIORYより良い条件を提示していますが、実は最低入金額がやや高めといったデメリットがあります。

※AXIORYナノスプレッド口座の最低入金額は2万円~、FBSの低スプレッド口座は10万円~

このように、AXIORYは入金条件からしても使いやすい海外FX業者です。

初心者が海外FXに挑戦しやすい環境を整えてくれていますので、FXに興味があるならぜひAXIORYを選んでみてください。

クロネコ

実際のスプレッド比較表を見たらAXIORYの条件の良さに気付きました!
最低入金額や取引手数料が安いのでナノスプレッド口座を選ぼうと思います!
AXIORYのナノスプレッド口座(テラ口座)は本当に利用しやすくてお得ですよ。
ぜひ低スプレッド口座を使って稼いでみてください。

先生

【スプレッド比較の結果】AXIORYのスプレッドは本当に狭い!【口座開設がおすすめ】

AXIORYが他社よりもスプレッドの狭い業者であることが分かったかと思います。

そんなAXIORYは口座開設方法も非常に簡単です。

AXIORY口座開設フォームにアクセスをしたら氏名・メールアドレス・パスワードなどを入力し、あとは住所登録や身分証のアップロードをおこなうだけで口座開設が完了します。

所用時間はだいたい5分くらいで、そのあとすぐにでも取引を開始することが可能です。

「海外FXに挑戦してみたい!」というモチベーションを下げることなく、今からでも利用できる海外FX業者なのでぜひ登録をしてみてください。

クロネコ

海外FX業者は口座開設がスピーディーとは聞きますけど、こんなに早いんですね。
AXIORYはその中でも特に対応が早いですね。
最短10分後には取引開始できると思いますよ。

先生

まとめ

スプレッドが非常に狭いと言われているAXIORYと他社におけるスプレッド比較表をご紹介してきました。

実際にAXIORYのスプレッドはとても狭く、取引手数料も安いのでお得です。

これまでにほかの海外FX業者を使って失敗してきた方にもおすすめ出来ますので、ぜひ一度利用してみてください。

AXIORYの口座開設はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。