【海外FX】FBS口座タイプの種類を徹底解説!初心者におすすめはどれ?

クロネコ

海外FX業者の「FBS」で口座開設をしようと思っています。
ただ、口座の種類が多くてどれを選べばいいか迷っています。
初心者にはどれがおすすめなんでしょうか?
初心者であればやはりスタンダード口座がおすすめですね。
ほかの口座タイプについてもその特徴を解説していきましょう。

先生

FBSは業界屈指のレバレッジ倍率「3000倍」を提供する海外FX業者です。

また、そのほかにもスプレッドが著しく狭い口座タイプやセント口座といった珍しい口座タイプを取り扱っています。

さらに2021年夏からは「仮想通貨専用の口座タイプ」も新設されました。

口座タイプの種類が豊富だと、トレーダーは自分のトレードスタイルに合ったものを選べるので便利です。

しかし、初心者の場合だとどれを選べばいいか分からず迷ってしまうかもしれません。

そこで、この記事ではFBSで用意されている6種類の口座タイプすべての特徴を分かりやすくまとめてみました。

これから海外FXに挑戦する方にとっては参考になる情報ですので、ぜひ最後までご覧になっていってください。

FBSの口座開設はこちらから

【海外FX】FBS口座タイプの種類や特徴を徹底解説!初心者におすすめは?【仮想通貨用の口座も】

FBSは世界中のトレーダーが利用している信頼と実績に溢れた海外FX業者です。

日本人トレーダーの中にもFBSの口座を使ってFXトレードをおこなっている人はたくさんいます。

そんなFBSの特徴と言えば豊富に用意された口座タイプです。

種類ごとに色々な取引条件が設定されているため、自分の取引スタイルに合わせて選べるようになっています。

ということで、まずはどんな口座タイプが用意されているのかを確認していきましょう。

FBSの口座タイプ全6種類を一覧表で確認

FBSで開設できる口座タイプは今のところ全部で6種類です。

以前までは5種類だったのですが、2021年夏ごろから新しく「仮想通貨専用の口座タイプ」が登場しました。

そんな各口座タイプの基本情報をまとめた一覧表がこちらです。

口座タイプ 最大レバレッジ スプレッド 取引手数料 最小入金額
セント 1000倍 1pips~
変動
0ドル 1ドル
マイクロ 3000倍 3pips~
固定
0ドル 5ドル
スタンダード 3000倍 0.5pips~
変動
0ドル 100ドル
ゼロスプレッド 3000倍 0.0pips~
固定
20ドル~ 500ドル
ECN 500倍 -1pips~
変動
6ドル 1000ドル
仮想通貨(NEW) 5倍 1pips~
変動
始値0.05%
終値0.05%
1ドル

FBSのもっとも大きな特徴である最大レバレッジ3000倍が適用されるのは「マイクロ口座・スタンダード口座・ゼロスプレッド口座」の3つです。

そのほかの口座タイプでは1000倍や500倍といったレバレッジが適用されます。

また、新しく作られた仮想通貨口座は最大レバレッジ5倍となっていますが、これはFX業者が提供する仮想通貨口座としては標準的なレバレッジ倍率です。

次にスプレッドという観点から考えると、もっともおすすめな口座タイプはECN口座となります。

ECN口座は圧倒的に狭いスプレッドが魅力的で、スキャルピングトレードにはまさに最適な口座タイプです。

ただし、最小入金額が1000ドル(およそ10万円)なので、ハードルが高いと感じる人もいるかもしれません。

こうした諸々の条件を考えた上で利用する口座の種類を決めていくわけですが、それぞれの特徴をもっと知りたいという方も多いはずです。

そこで、6種類の口座タイプすべての特徴を分かりやすく解説していきましょう。

クロネコ

たしかにこれだけあると迷ってしまいますよね。
どの口座タイプにもメリットとデメリットがありますので、それらを理解した上で自分にあった口座を選んでみてください。

先生

FBS口座種類①セント口座の特徴は?

セント口座は少額から取引が出来る口座タイプとなっています。

セント口座では入金をおこなうと残高がセントで表示されるという少し変わった口座タイプです。

つまり10ドルを入金したら1000セントが残高に反映されるわけです。

また、1ロットの単位が1000通貨になっているところも特徴的な部分となります。

【メリット】
・少額から取引をしたい方におすすめ
・最小取引量が10通貨(0.01ロット)なのでFXの練習に使える
【デメリット】
・大きな利益を出すのには向いていない
・セント表示に慣れないとやや見づらい

セント口座は「海外FXに初めて挑戦する」「デモ口座ではなくリアルなトレードでFXを勉強したい」という方におすすめです。

クロネコ

なるほど1ドル=100セントで計算されて、ロット単位も低いところが特徴なんですね。
他社で例えるとXMのマイクロ口座に近いイメージですかね。
それでも最大レバレッジは1000倍なので、そこそこ稼ぐことは出来ますよ。

先生

FBS口座種類②マイクロ口座の特徴は?

マイクロ口座はFBSの特徴でもある最大レバレッジ3000倍が使える口座タイプとなっています。

最小入金額が5ドル相当からと安いところが魅力的です。

ただし、その分スプレッドがやや広めに固定されているので、スキャルピングトレードには向きません。

【メリット】
・頭金5ドルから利用できるのはありがたい部分
・最大レバレッジ3000倍適用口座タイプ
・スプレッドが固定制なので計算がしやすい
【デメリット】
・固定されているスプレッドがやや広いので長期的に考えると無駄な損失がかさみやすい

スプレッドが固定制になっているメリットとしては、突発的に激しい値動きが発生したとしてもいつもと変わらないスプレッドで勝負できる点が挙げられます。

そのため、大きな経済発表があったときなどはほかの口座タイプより有利な条件で注文を通せるかもしれません。

クロネコ

普段のトレードにはちょっと不向きといった印象がありますね。
固定のスプレッド幅が変動のスプレッド幅を下回ったときに使える口座タイプといった感じですね。

先生

FBS口座種類③スタンダード口座の特徴は?

初めてFBSを利用するときに開設をおすすめしたいのがこちらのスタンダード口座です。

スタンダード口座は最大レバレッジ3000倍、スプレッドは平均的で最小入金額が1万円からとバランスに優れた口座タイプとなっています。

特に欠点らしい部分が見当たりませんので、迷ったらこのスタンダード口座を選ぶようにしましょう。

【メリット】
・全体的なバランスに優れている
・最大レバレッジ3000倍適用口座タイプ
・最小入金額1万円は標準的
【デメリット】
・スプレッドがとても狭いというわけではない(スプレッドは変動制)

普段のトレードに適した口座タイプで、メインの口座として使いやすいところがおすすめのポイントです。

スプレッド幅が広くなるタイミングでは、マイクロ口座のスプレッドを確認しながら取引すると無駄のない注文がおこなえると思います。

クロネコ

取引条件のバランスが良いので最初はこちらを選ぼうかと思います。
おそらくほとんどのトレーダーがこちらのスタンダード口座から始めていると思いますので、どうぞ参考にしてみてください。

先生

FBS口座種類④ゼロスプレッド口座の特徴は?

ゼロスプレッド口座は取引手数料が発生する代わりに0.0pipsというスプレッドなしの状態で取引ができる口座タイプです。

【メリット】
・狭いスプレッドで取引できる
・固定制のスプレッドで公平感がある
・スキャルピングトレード向き
【デメリット】
・取引手数料が20ドル~と高い

ゼロスプレッド口座ではスプレッドが固定制なので、全ての通貨ペアFXのスプレッドが0.0pipsとなります。

そのため、取引手数料の額だけが実質的な取引コストとなるわけです。

スプレッドがあらかじめ決まっているというのはフェアな環境と言えますので、このあたりは魅力的な部分と言えるでしょう。

ただし、取引手数料が20ドル~と高いところはデメリットに数えられます。

クロネコ

取引手数料が20ドル~ってことは、だいたい2.0pipsのスプレッドが掛かってくるって感じですかね。
そうですね。なのでスプレッドがないというよりも、コストが固定制の口座といった感じです。

先生

FBS口座種類⑤ECN口座の特徴は?

狭いスプレッドで勝負したいとなると、FBSの中ではこちらの「ECN口座」がもっともおすすめの口座タイプとなります。

【メリット】
・ドル円スプレッドが最小0.1pips
・そのほかのスプレッドも狭い
・取引手数料が6ドルというのも魅力的
【デメリット】
・最大レバレッジ500倍に限定される
・最小入金額が10万円から

最大レバレッジが500倍で、最小入金額が10万円というところがECN口座のデメリットです。

しかし、それでも実質的な取引コストの安さは非常に魅力的と言えます。

ちなみにドル円ならトータルで7ドルくらいしか取引コストが掛からないのですが、これは全ての口座タイプを含めて最小コストです。

最初の入金額の高さだけ目を瞑れば、最高の取引条件になっていると思います。

クロネコ

確かにドル円のコストを換算をすると0.7pipsしかないのか。
お金がたくさんある人にはこの口座が最適そうですね。
本気で稼ぐなら10万円くらいは用意しても良いと思いますので、ぜひECN口座の利用も検討してみてください。

先生

FBS口座種類⑥仮想通貨口座の特徴は?

最後に紹介するのは新しく作られた仮想通貨専用の口座タイプです。

【メリット】
・FBSでは唯一仮想通貨取引ができる口座タイプ
・仮想通貨銘柄が豊富
・最大レバレッジ5倍はFX業者が提供する仮想通貨取引において標準的
【デメリット】
・特になし

FBSの仮想通貨口座には特にデメリットがありません。

取引可能な仮想通貨銘柄が豊富なので、仮想通貨ビギナーにもおすすめが出来ます。

また、FBSのような実績のある海外FX業者を通じて仮想通貨取引ができるというのは、信頼性・安全性という面において優れています。

実態の知れない国内や海外の仮想通貨取引所を利用するくらいなら、FBSの仮想通貨口座を利用してみてください。

クロネコ

FXで得た利益を仮想通貨投資に回せるところも便利ですよね。
そのあたりも海外FX業者経由で仮想通貨取引をするメリットに挙げられますね。

先生

FX初心者が口座開設するならどの種類の口座タイプがおすすめ?

FBSが提供する6種類の口座タイプをご紹介してきました。

その中で初心者におすすめなのは、やはりスタンダード口座です。

スタンダード口座であれば最大レバレッジ3000倍、平均的なスプレッド、取引手数料なしといった条件でトレードがおこなえます。

もちろん100%入金ボーナスの対象口座でもありますので、ボーナス面で損をすることもありません。

こうしたことを踏まえた上で、初心者の方にはぜひスタンダード口座を開設してもらえればと思います。

まとめ

FBSにおける口座タイプの種類とその特徴をまとめてきました。

最後におすすめしたスタンダード口座以外の口座タイプも、使い方によってはお得な部分がたくさんあります。

そのためFBSを利用するならスタンダード口座から取引を始めて、段々と別の口座タイプを追加で開設していくというのもおすすめです。

海外FXに興味がある方はぜひ参考にしてみてください。

FBSの口座開設はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。