【海外FXならAXIORY】スタンダード口座・ナノスプレッド口座の違いは?【ほかの口座タイプはある?】

クロネコ

AXIORYで口座開設しようと思っているんですけど、スタンダード口座とナノスプレッド口座の違いってどんなところにあるんですかね?
それでは2つの口座タイプの違いを分かりやすく解説していきましょう。
また、新しく出来た口座タイプについてもまとめてご紹介していきます。

先生

AXIORYはスプレッドの狭さが業界トップクラスという海外FX業者です。

ボーナスの種類は少ないですが、安定した取引環境を提供してくれていて昔からトレーダーたちの間では高い評価を得ています。

そんなAXIORYでよく使われている口座タイプがスタンダード口座とナノスプレッド口座の2つです。

この記事では、AXIORYのスタンダード口座とナノスプレッド口座の違いを分かりやすくまとめました。

これからAXIORYで口座開設するという方はぜひ参考にしていってください。

また、合わせてスタンダード口座とナノスプレッド口座以外の口座タイプについても解説をおこなっていきます。

AXIORYの口座開設はこちらから

AXIORYのスタンダード口座・ナノスプレッド口座の違いは?【ほかの口座タイプは?】

AXIORYは最大レバレッジ400倍・追証なしのゼロカットシステム採用・高速の約定力などを特徴に持つ海外FX業者です。

また、数ある海外FX業者の中でもスプレッドが狭い業者として知られていて、スキャルピングトレードには最適な取引環境が揃っています。

そんなAXIORYで提供されている口座タイプがスタンダード口座とナノスプレッド口座です。

新しくテラ口座とアルファ口座が出来るまでは上記2つの口座タイプしかなかったため、その違いを知りたいというトレーダーは多くいます。

特にこれから初めて海外FXに挑戦するという方にとっては違いが分かりづらいかと思いますので、それぞれの基本スペックを分かりやすく表にまとめてみました。

AXIORYのスタンダード口座・ナノスプレッド口座の違いを比較

こちらがスタンダード口座とナノスプレッド口座の基本スペックです。

スタンダード口座 ナノスプレッド口座
レバレッジ 400倍 400倍
ロスカット水準 20% 20%
スプレッド
(ドル円平均)
1.1pips~1.3pips 0.1pips~0.3pips
1ロット単位 10万通貨 10万通貨
最大注文量
(1ポジション)
1000ロット 1000ロット
最大保有量制限 なし なし
最小注文量 0.01ロット 0.01ロット
取引手数料 なし 往復6ドル
プラットフォーム MT4
cTrader
MT4
cTrader
取引方式 STP ECN
期間限定ボーナス あり あり

2つの口座タイプの間には3つの違いしかありません。

・基本となるスプレッド幅
・取引手数料の有無
・取引の方式

簡単に言えば、

  • スタンダード口座は全体的にスプレッドが狭く、取引手数料がない口座タイプ
  • ナノスプレッド口座は非常に狭いスプレッドが設定されているものの、取引手数料が掛かる口座タイプ

となります。

ちなみに他の海外FX業者の場合だと、低スプレッドタイプの口座はボーナスが受け取れず、標準タイプの口座はボーナスが受け取れるといったところが大半です。

しかし、AXIORYの場合は常時提供しているボーナスキャンペーンがないため、そういったところで差が付きません。

そのため、純粋にスプレッドの幅と取引手数料の有無だけで口座タイプを選ぶことになります。

ということで、2つの口座タイプにおけるスプレッドと取引手数料、合計の取引コストを計算していってみましょう。

AXIORYのスタンダード口座・ナノスプレッド口座の取引コストを計算してみた

こちらはAXIORYのリアルタイムスプレッドです。

それぞれの口座タイプのスプレッドが表示されているわけですが、これに取引手数料を加えた数値を見ていきたいと思います。

スタンダード口座 ナノスプレッド口座 取引手数料込み
(6ドル)
USD/JPY 1.2pips 0.2pips 0.8pips
EUR/JPY 1.2pips 0.3pips 0.9pips
GBP/JPY 1.7pips 0.6pips 1.2pips
EUR/USD 1.2pips 0.2pips 0.8pips

この通り、取引手数料込みで考えても取引コストが安いのはナノスプレッド口座の方です。

円絡みの通貨ペアの場合は「1ドル=0.1pips」で計算されるので、1ロットあたりの取引コストはドル円で「およそ1200円(スタンダード口座)」「およそ800円(ナノスプレッド口座)」ということになります。

ナノスプレッド口座であれば400円分ほど取引コストが安くなり、長期的に考えるとかなりお得です。

こうした部分を考慮しながら口座タイプを選ぶと、最終的に利益が残りやすいと思いますので参考にしてみてください。

クロネコ

こうやって比べてみるとナノスプレッド口座ってかなり取引コストが安いですよね。
そうですね。
他社と比べてもスプレッドが狭く、取引手数料自体も安いです。

先生

AXIORYのスタンダード口座・ナノスプレッド口座それぞれのメリット

それでは次にスタンダード口座とナノスプレッド口座のメリットを個別に解説していきたいと思います。

AXIORYの中だけでなく他社と比較したときの特徴や魅力をご覧ください。

AXIORY・スタンダード口座のメリット

AXIORYのスタンダード口座はナノスプレッド口座と比べるとスプレッドの狭さが伝わりづらいのですが、他社の口座と比べるとその魅力が分かりやすくなります。

海外FX業者
(各スタンダード口座タイプ)
スプレッド
(USD/JPY)
AXIORY 1.1pips~
TitanFX 1.33pips~
XM 1.6pips~
FBS 2.0pips~

ご覧のようにメジャーな海外FX業者同士でスプレッドを比較すると、いかにAXIORYのスタンダード口座のスプレッドが優れているかが分かります。

普通の口座タイプでドル円のスプレッドが「最小1.1pips」まで近づく海外FX業者というのはなかなかありません。

そのため、AXIORYのスタンダード口座には利用する価値が十分あると言えます。

また、ナノスプレッド口座のように必ず取引手数料が掛かるというのは初心者にとって少々計算しづらいところがあります。

特に海外FX初挑戦という方の場合は、手数料がスプレッドに含まれているスタンダード口座の方が扱いやすいはずです。

クロネコ

確かに取引手数料を後から差し引かれると計算がしづらいかもしれないですね。
もちろん慣れてきたら別なんでしょうけど。
そうですね。
初めはスタンダード口座を使って、あとからナノスプレッド口座に切り替えるというのが初心者にとっては無難な選択と言えそうです。

先生

AXIORY・ナノスプレッド口座のメリット

ナノスプレッド口座を選ぶメリットには、なんと言ってもそのスプレッドの狭さと取引コストの安さが挙げられます。

ある程度FXの経験がある方なら取引手数料の計算もパパっと出来ると思いますので、ぜひナノスプレッド口座を使ってみてください。

ちなみにAXIORYのナノスプレッド口座で設定されている取引手数料は、これまた業界トップクラスの安さです。

海外FX業者 往復取引手数料
XM 10ドル
BigBoss 9ドル
TitanFX 7ドル
LANDFX 7ドル
AXIORY 6ドル

このように、ほかの海外FX業者では取引手数料として7ドル~10ドルあたりを徴収することが当たり前になっています。

取引手数料6ドルというのは業界最安値とも言えますので、これだけでもAXIORYを選ぶ理由になると言えるでしょう。

また、AXIORYでは不定期的にボーナスキャンペーンを開催しているのですが、過去の例だとこちらのナノスプレッド口座もボーナスの対象になっています。

ほかの海外FX業者のように低スプレッド口座はボーナスの対象外といったことにもなりませんので、不利な要素がまったくないわけです。

取引手数料を計算してFXトレードが出来るのであれば、ナノスプレッド口座は最高の口座タイプと言えますのでぜひ使ってみてください。

クロネコ

AXIORYのナノスプレッド口座にはまったくデメリットがありませんね。
取引に慣れてきたらナノスプレッド口座を使ってみたいと思います。
ぜひそうしてみてください。
それでは次に他の口座タイプについて簡単に紹介しておきましょう。

先生

AXIORYにはスタンダード口座・ナノスプレッド口座以外の口座タイプもある?

AXIORYにはスタンダード口座とナノスプレッド口座以外に「テラ口座」と「アルファ口座」という2つの口座タイプがあります。

こちらは2021年になってから新設された口座タイプなので初めて見聞きする方が多いかもしれません。

ということで、テラ口座とアルファ口座の特徴を簡単に説明していきます。

AXIORY・テラ口座の特徴

AXIORYのテラ口座というのは、その中身がナノスプレッド口座とまったく同じです。

異なるのは「MT5で利用できる口座タイプ」という部分だけとなっています。

これまで、AXIORYはMT4とcTraderの2つしか対応していませんでした。

そのため、MT5対応口座タイプとしてテラ口座が新設されたというわけです。

MT4とMT5の違いは標準搭載されているインジケーターの数や時間足の種類といったところになりますが、初心者からすればそこまで大差ありません。

これから海外FXに挑戦する方で、あえてMT5を使って取引をしてみたいという場合はこちらのテラ口座を選んでもらえればと思います。

AXIORY・アルファ口座の特徴

アルファ口座は少し珍しく、株式取引専用の口座タイプとなっています。

そのため、通貨ペアを対象としたFX取引をおこなうことは出来ません。

株式の現物や先物への注文用として使う口座タイプとなっていて、ある意味では初心者に無縁な口座タイプと言えます。

ただし、世界各国の主要な企業の株価に興味を持っている方にはおすすめの口座タイプです。

FX取引以外の投資にチャレンジしてみたくなったら、ぜひこちらのアルファ口座を開設してみてください。

クロネコ

アルファ口座はどうやって使うんですか?
アルファ口座はMT5に対応しているので、MT5から直接取引が出来ますよ。
FXに慣れてきたら一度利用してみてください。

先生

まとめ

AXIORYで用意されているスタンダード口座とナノスプレッド口座の違いについて解説してきました。

簡単にまとめると「どちらもスプレッドの狭さを特徴としている」「スタンダード口座は初心者向け」「ナノスプレッド口座は経験者向け」といった形になります。

もちろん初心者がいきなりナノスプレッド口座を使うのも悪くありません。

最初から取引コストを抑えてFXトレードに挑戦したいのであればぜひ使ってみてください。

AXIORYの口座開設はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。