iFOREXは口座タイプが選べない?エリート口座のスペックと魅力をご紹介【取引銘柄が豊富すぎる】

クロネコ

iFOREXって口座タイプがひとつしかないんですか? それってけっこう珍しいですよね?
はい。現在のところiFOREXにはひとつしか口座タイプがありません。 確かにちょっと珍しいのですが、用意されているエリート口座には魅力がたくさんありますよ!

先生

iFOREXは海外FX業者の中でも歴史が長いブローカーで、その運営歴はなんと20年以上にもなります。

この記事では、そんなiFOREXが提供している「エリート口座」の基本スペックや魅力などを幅広くご紹介していきますのでぜひ最後までご覧になっていってください。

ちなみに海外FX業者の場合は複数の口座タイプを用意していることが一般的ですが、iFOREXではエリート口座のみの提供となっています。

しかし、それでも多くのトレーダーがiFOREXを利用しているのはこのエリート口座が非常に優秀だからです。

ぜひこちらの内容を参考にしていただき、その魅力について理解を深めていってください。

iFOREXで選べる口座タイプは1種類だけ!実はかなり魅力的なエリート口座のスペックとは?

iFOREXのエリート口座はかなり魅力的

それではさっそくiFOREXが提供するエリート口座の基本スペックから見ていきましょう。

また、合わせてエリート口座の魅力についても解説をおこなっていきます。

iFOREXのエリート口座【基本スペック】

最大レバレッジ 400倍
ロスカット水準 0%
最低入金額 1万円相当~
1ロット単位 10万通貨
最大取引量 50ロット
最小取引量 0.01ロット
ドル円平均スプレッド 0.7pips
ゼロカット あり
取引方式 STP方式
取り扱い通貨ペア 83種類
ボーナスの有無 あり
レバレッジ制限 特になし

こちらがiFOREXが提供するエリート口座の基本的なスペックです。

ご覧のように特徴的な部分がいくつかあるのですが、その中でも特に注目すべきポイントをピックアップしてまとめました。

iFOREXのエリート口座はココがすごい
・スプレッドが狭い ・ロスカット水準が0% ・ボーナスあり ・取扱銘柄が豊富 ・レバレッジ制限がない

この5つのポイントがiFOREXのエリート口座の魅力となるわけですが、具体的な部分について詳しく解説をおこなっていきたいと思います。

クロネコ

とりあえずロスカット水準が0%っていうのはすごいですね! あとECN口座じゃないのにスプレッドがかなり狭い気がします。
iFOREXのエリート口座は他社のスタンダード口座と低スプレッド口座の良いところを合わせたような口座タイプなんですね! だからこそ多くのトレーダーが利用しているわけです!

先生

iFOREXエリート口座の魅力①スプレッドがとても狭い

iFOREXのエリート口座はSTP方式を採用している口座タイプの中ではかなりスプレッドが狭く設定されています。

一例としてドル円の平均スプレッドを他社と比較した表をご覧ください。

海外FX業者 USD/JPY(ドル円)
iFOREX 0.9pips
AXIORY 1.3pips
TitanFX 1.33pips
XM 1.6pips
FBS 2.0pips

こちらは見ても分かる通りiFOREXのエリート口座のドル円平均スプレッドはかなり狭めに設定されています。

もちろん他の通貨ペアに関しても同じように狭いスプレッドが設定されていますので、トレーダーにとっては非常に有利です。

STP方式の口座タイプでこれほどスプレッドが狭い業者というのはなかなかありませんので、これだけでもエリート口座の優秀さというものが分かります。

ちなみに当然こちらのエリート口座では取引手数料が発生しません。

そのため、ご覧いただいている平均スプレッド分しか取引コストが掛からないことになっています。

クロネコ

たしかに他の業者と比べてもかなりスプレッドが狭いですね。 これはなかなかお得なんじゃないですか?
スプレッドが狭いということはそれだけ利益が出しやすいので、初心者でも勝率がアップしやすいと言えますね。 しかも取引手数料なしですから余計な費用も掛かりません。

先生

iFOREXエリート口座の魅力②ロスカット水準が驚異の0%

iFOREXのエリート口座には、普通であれば設定されている「マージンコール」というものがありません。

マージンコールとは簡単に言えば「そろそろ証拠金が少なくなってきたので持っているポジションがロスカットされてしまいますよ。」というFX業者側からの警告を意味します。

それがないということは、つまり「ロスカット水準が0%」ということになるわけです。

ちなみにこれはかなり稀なことです。

平均的なロスカット水準
・国内FX業者:100%前後 ・海外FX業者:20%前後

通常、海外FX業者であろうと国内FX業者であろうと基本的には上記のようなロスカット水準というものが設定されています。

これは「保有している注文金額に対して証拠金維持率が一定の数値まで下がったら強制的にロスカットをしますよ」という基準です。

その基準が0%ということは、証拠金維持率が0%になるまで取引を継続していられるのと同義となります。

FX取引をしていると「あとちょっとロスカットまで耐えられたら利益が出たのに…」というシーンに出くわすことが多々あります。

そうした悔しい思いをしてきたトレーダーにとっては、このロスカット水準0%はかなり魅力的な設定です。

これはiFOREXのエリート口座における大きな特徴とも言える部分ですので、ぜひ覚えておいてください。

ちなみに国内FX業者だと維持率0%以下になると追証が発生します。 しかし、iFOREXはゼロカット対応業者ですのでその追証が発生しません。 そのため、安心して証拠金ギリギリまで取引が続けられるのです!

先生

クロネコ

少額から投資したい人にとっても最高な条件ですね。

iFOREXエリート口座の魅力③もれなくボーナスが貰える

iFOREXでは魅力的な入金ボーナスキャンペーンをおこなっています。

こちらは最大で20万円の入金ボーナスが貰えるキャンペーンなのですが、iFOREXの場合はエリート口座しかありませんので当然エリート口座を開設してもこのボーナスが受け取れます。

一部の海外FX業者の中にはスプレッドを狭く設定した口座タイプではボーナスが受け取れないといった条件を出すところもあります。

しかし、iFOREXにはそうした縛りもないわけです。

圧倒的に有利な取引条件でFXトレードが出来て、さらにボーナスも貰える。

これがエリート口座の最大の魅力と言えるでしょう。

クロネコ

証拠金ギリギリまで取引できるのに、その上さらにボーナスもくれるとかiFOREXはすごいですね。

iFOREXエリート口座の魅力④ひとつの口座で取引できる銘柄が豊富すぎる

こちらもiFOREXを象徴するベネフィットのひとつなのですが、エリート口座では以下の種類の銘柄に投資ができます。

エリート口座で取引できる銘柄
・通貨ペア:83種類 ・貴金属やコモディティ:20種類 ・経済指数:33種類 ・株式:745種類 ・ETF:47種類 ・仮想通貨:18種類 (2021年1月時点)

ご覧のようにエリート口座をひとつ開設しておけば、通常の通貨ペアに加えて700種類以上の株式や貴金属類に投資ができるわけです。

しかもiFOREXでは仮想通貨も取り扱っていますので、FXで稼いだ利益をビットコインに回すことも容易にできます。

こうしたことからも、エリート口座は多角的な投資をおこなうのに最適な口座タイプと言えるのです。

もちろんどの銘柄に投資をしようと口座は同じですので、証拠金を移動させる手間も掛かりません。

2020年から2021年にかけては、ビットコインの高騰も投資業界では注目されているトピックスです。 時代の流れに乗り遅れないためにも、ひとまずエリート口座は開設しておいた方がいいですよ!

先生

iFOREXエリート口座の魅力⑤レバレッジ制限がない

iFOREXの最大レバレッジは400倍と平均的ですが、実はレバレッジ制限がないという魅力が隠されています。

レバレッジ制限とは口座残高や保有するポジション量によって最大レバレッジが引き下げられる措置のことを指します。

例えばほかの業者だと残高が100万円以上になったらレバレッジが500倍⇒200倍に落ちるなどの設定がされているのですが、iFOREXにはそういった規制が一切ありません。

そのため、エリート口座では常に最大400倍のレバレッジが実行できるのです。

これもエリート口座ならではの魅力と言えますので、ぜひ賢く利用してみてください。

クロネコ

これは大口の取引をおこなうトレーダーにとっては嬉しい条件と言えますね!
そうなんです! つまりエリート口座は初心者から上級者までにおすすめできる魅力的な口座タイプと言えるわけなんですね。

先生

iFOREXのエリート口座にデメリットはある?

iFOREXが提供するエリート口座にはたくさんの魅力がありましたが、反対にデメリットはあるのか?という部分についても解説をおこなっていきます。

なお、先に結論から言いますと、エリート口座にはデメリットもありますがそれを差し引いてもメリットの方が大きいです。

ということで、そのデメリットとはどういう部分のことなのかを次に解説していきましょう。

iFOREXエリート口座のデメリット①MT4・MT5に非対応

iFOREXは海外のFX業者ながらMT4・MT5に対応していません。

MT4・MT5とは世界のトレーダーが利用するもっとも一般的で高性能な取引プラットフォームのことです。

ほとんどの海外FX業者ではこのMT4・MT5が使えるようになっているので、慣れている方からすると不便に感じることもあるかと思います。

ただし、iFOREXではその代わりに使い勝手の良い独自の取引プラットフォームを用意しています。

iFOREXの取引プラットフォーム
・独自のウェブトレーダー ・モバイル対応のアプリ

ご覧のようにiFOREXではウェブから直接トレード可能なプラットフォームと、モバイル対応アプリの2つを用意しています。

そのため、海外FX初心者という方でもすぐに取引に慣れることが可能です。

もちろんMT4・MT5に慣れているという方にもおすすめできるプラットフォームですので、ぜひ一度その使用感を試してみてください。

クロネコ

そもそもMT4・MT5を使ったことがない人からすると大きなデメリットではなさそうですね。 安心しました!

iFOREXエリート口座のデメリット②自動売買・スキャルピング向きではない

iFOREXは「自動売買ツールの使用」「短期間で売買を繰り返す行為」を認めていません。

そのため、自動売買ツールを使ったシステムトレードメインの方やスキャルピングトレーダーにとっては少し使いづらいFX業者と言えます。

ちなみにiFOREXで禁止されている取引行為は以下をご参照ください。

スキャルピングはわずかな価格の動きで大きな利益を出そうと試みる取引戦略です。この戦略を実行するトレーダーは、小さな価格変動は大きなものに比べて捉えやすいという考えに基づき、1日に10から数百に及ぶ取引を行います。

オートメーション(例えばEAS)またはアルゴリズミック取引は、注文の時間、価格、量などの変数を事前にプログラムされた取引指示を実行するアルゴリズムで取引注文を入力するために電子プラットフォームを使用することであり、多くの場合人間の介入なしに「ロボット」が注文を起動します。

API取引はアプリケーション·プログラミング·インタフェースで、他のプログラムと相互作用するソフトウェアプログラムを使用したすべての取引のことです。APIはトレーダーと市場の間の仲介者として機能し、必要に応じて注文を中継し、情報を検索します。

「複数口座」は、iFOREXから複数の口座関連のメリットを不当に享受する目的で、一人のお客様が2つ以上の口座を設定する状況を指します。

https://www.iforex.jpn.com/%E5%8F%96%E5%BC%95%E6%9D%A1%E4%BB%B6

こちらがiFOREXで禁止されている取引行為なので、利用する際には規則を破らないようにしましょう。

とは言っても、裁量トレードをメインにおこなう方・デイトレードやスイングトレードをおこなう方にとっては特に厳しい規則ではありません。

そのため、こちらもそこまで大きなデメリットとは言えないでしょう。

スキャルピングに関してですが、意図せず1日に数回おこなう程度では罰則などを受けることはありません。 そのため、初心者の方も安心して取引がおこなえます。

先生

まとめ

iFOREXのエリート口座に関する魅力やデメリットについてご紹介してきました。

ご覧いただいたように、エリート口座はデメリットを加味してもそれを補う以上のメリットがあります。

初心者が利用する口座タイプとしても最適と言えますので、ぜひ海外FXデビューをする際にはiFOREXのエリート口座を選んでみてください。

iFOREXの口座開設はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。